自分分析学

言葉にしてみたい衝動の行き先

すとらテラ処方録 27 人が家から去りとにかく所有権移転に集中。

 2月19日 よしこのための一日

○ 早く寝て速く起きた。すぐに所有権移転関係についてよく調べた.病院が11時頃からだったが、ぎりぎりまで集中してやってた。すごい集中力だった。それで、遅れて病院へ。龍馬さんの話を軽く聞いて、レストランへ。ご飯を食べて、ボードゲームハウスに向かって、ボードゲームをハンズで購入。近くの知恵の輪等で遊んだ後、シェアハウスに。ボードゲームやって、疲れて、しゅんと電話して、ピザ食って、ゲームして、ボードゲームして、3時に就寝。

 

△ すごい集中力で、時間が差し迫っているときは、必ずアラームをかける習慣をつけよう。長い時間同じ人といると疲れる。だから、上手い具合にその場を離れる術を身につけようと思う。ただ、この自分の性質について伝えるか、伝えないかはよく考えた方がいい。相手からは十分程の説明を受けない限り、納得いかないし、事実、本当に大切な人と一緒にいるのであれば、一日中一緒にいれる。だから、何かしらの妥当な理由をつくって、或は、さらりとあまり気にならないようにその場を去る練習をしよう。

 

 

反省 of 反省

最近はより反省が具体的になってきた。繁文縟礼になってしまう可能性はあるが、場合分けを言語化するとよい。ユニークな経験談はさすがに蛇足かもしれない。が、場合によるだろう。短い経験談を話せるようになっていれば、ありかもしれない。(まぁ、難しいだろう.

 

2月20日 よしこが出て行った日。

○ 8時くらいに置き、シェアハウス周りを掃除し、毎日の習慣を実施。前の住人が家にいる時には話をし、学校に行って、修論資料を格納し、カウンセリングで具体的に所有権移転関係の話をし、帰って部屋の掃除をし、心安らかには休めず、よしこにお別れを言い、帰って、料理をつくって、不動産に一瞬電話をかけ、タスクを完了し、早めに寝た。

△ 今日は落ちる日だったから、これで良かった。一日、日記を書くのを辞めると、思い出すのに時間がかかって面倒。早めに寝たのはいい。

 

反省of反省

以前も集中した時はアラームをかけようと宣言したことがある。工夫のための工夫は、継続性がないこと。忘れること。ここが大切である。だから原則、今すぐにそれができるようになるような処置をとることを心がけることが大切だろう。妥当な理由として、例えば、自分の体調について論拠あるデータを示せば、うまくいく。だから、自分の一日の脳の推移も計測しておこうと思う。また、『別の仕事』はそれになりうる。この理由作りも頑張ってみる。

2月21日

○朝の反省はできたし、かなり早く起きることができて、朝はかなり作業が進んだが、気分が落ち込んで、住民のみそ汁を勝手に飲んで、墓に行き、ツイッターでかなり荒れて、自殺しようとしている友人にメッセージを送り、みそ汁分の食糧を自分が買いにいき、お笑い番組を少し見た。花粉症がヤバく、マスクをし始めた。燃えるゴミを沢山捨てた。会社の情報を見て、提出期限を探した。youtubeやゲームを沢山やった日々を思い出して、もう現実逃避に時間を割かないことを心に決めた。

△ 気分が落ち込んだ時、魔が差すことがある。落ちている実感があって、少し落ちるが、あまり落ちすぎないように調整しようとする気持ちが生まれた.

2月22日 やる気down

○ 朝遅め。朝最初はやる気があって、やったが、嫌過ぎて何度も寝た。現実逃避でyoutubeをダラダラみた。雨だったから少ししか本を読めなかった。風呂の掃除もした。19時頃からHITで1:30くらいまで将来のことについて話して終わり。学校に行って、証書の手続きを行なった。友人の留年を慰めた。

△ ストレス過多すぎて、記録もできなかった。こういう時は、まずは外に行って、ストレスから解放されないと、中毒症状に陥る。また、人が共同空間にいない場合、クズ化が進む。

 

すとらテラ処方録 26 反省of反省

 2月11日より自分になる

○ 寒くて少しだらりと起床。ブログ投下後、一冊全て読み終わって、年金の申請書類提出。不動産関係の情報整理後、リョウマさんから電話。後、疲れて、U理論やアダムカヘンを読んだが、頭に入りにくかったので、色々と物思いにもふけった。家に帰って、空海の映画を見た。視聴後、10時半に寝るつもりが、住民と色々話していると時間がかかって、11時半に睡眠。

△ 結構うまくいった。不動産関係は途中までで終わったが、無理し過ぎると落ちるので、まぁいいんじゃないか。一日一歩、ベルトコンベアの上で三歩進んで二歩下がる。今日は、少しだけ手続き関係、特に不動産関係について、龍馬さん視点の必要なことを明文化し、リストアップする。気分に合わせた生活の仕方も上手だったように思える。空海を見て、精神力大切やと思った。精神に生活を合わせる工夫も大切だが、根本的な精神の方を鍛えるのもまた大切である。精神を強固にすることも同時並行でやっていく。あと、くすのきを見たいと誓ったが見てしまった。依存している。。。今日こそ見ない。

 

反省of反省

いい反省内容である。反省のたねの反省をするための心の持ちようについて最初にかたり、その後、具体的なライフハックについての工夫がある。ただ、自分の過去の事例を鑑みた上での反省だっただろうか。たまさかの思いつきではなかろうか。自分の過去の事例とかぶらない反省内容であること、或は、それを踏まえた上での実践的な反省内容であることを明確にする記述があると、より一層説得力のある反省になったように思われる。

 

2月12日書類関係めっちゃしようと考えていたが、できなかった。

○ 朝早めにおきれくなってきた。毎日の習慣を終了後、くすのきを見ないようにしたが、我慢しきれず見てしまって、コメントしないようにしたが、我慢しきれずコメントしてしまった。その後、読書。17字頃学校に行って、筆箱を探し、帰って所有権移転関係をやろうとしたが、後輩がきて、できず。実際、自分に余裕がなく、さらに後輩も戦略がわからないから相談させてくれとの旨で、ラインでポイントを送ったにも関わらず、家にきたので、イライラして、結構やさしく教えてあげてるつもりが、イライラをぶつけてしまった感がある。んで、気がついたら10時。その後にトンカツをつくって、11時半に睡眠。少しは、所有権移転のことはできた。目標であった、すべきことをリスト化することはできたのでOk.

△ 一日一日を大切にするために、夜と昼と朝を天気でみて、気象条件に合わせた作業をするスタイルは、結構いい。外が晴れているときは、読書し、晴れて無いときは、事務作業に集中する。こうすることで、「今の貴重さ」が拍車をかけて自分を仕事に駆り立てる。今回はたまたま後輩が長く居座ったため出来なかったが、次回からはできる。あと、愛だよ愛。そんな時期は、特に龍馬さんとの関係をみれば、沢山あったじゃないか。今、ふと思ったが、会社のプレゼンを龍馬さんにお見せすることはできるだろうか。龍馬さんに自信を持ってみせられるものが、本当のものであり、自信をもってみせられないものは、まだまだである。はぁ。んで、戻ると、イライラしてしまった時、呼吸を整えるなり、トイレにいくなりして、自分にかえることが大切。来ていいかと言われたら、断ることも大切。自分に余裕がないときは、人と心を落ち着けて接することができない。自分のメンタルと向き合って、自分の意志決定をする。今回であれば、気持ちが非常に高まっていたこともあったので、7時に来てもらうように調整をしておけばよかった。そうしたら、自分もそれまで精一杯の時間をつかって気持ちよく後輩に接することができた。自分の時間が取れる予定が突如入る時は、それまでに猶予期間を設けると時間を大切に出来た感を生むことができるのではないか。

褒めてあげること。毎日の積み重ねの上に最高の今日。想定外は自分を知るきっかけ。ちゃんと死ぬための今を生きる。まずは幸せになること。それから。今ここ。けれども、未来も。過去から工夫を率直に学べ。他人を頼ることに慣れろ。波を作る気持ちで乗っていけ。波に酔うな。波を察知し、上手に滑ろ

 

 

反省 of 反省

精神を鍛えることを反省として書いていたが、気持ちがこもっていないせいか、昨日は全くそんなことを意識していなかった。また、くすのきに関しても一緒で、依存しないと決意したにも関わらずみてしまった。ここはこの2つを合わせ、くすのきをみないということに関して頑張ることで精神を鍛えていこうと思う。反省したことを忘れてしまうということがわかった。

 

2月13日 歌を歌いながら部屋の掃除をした日

○早起きできた。宇井純についてまとめた投稿をした。時間がかなりかかって、疲れた。本を読んだが、頭になかなか入らず。twitterが盛んになる日であった。自省の機会が多かった。手続きをしようとしたが、限界を感じ、部屋の掃除を始めた。毎日一歩進むという自分のテーゼを達成するために、wifiの返却にも行った。曲を聴きながらやったら、曲に感じ入っていた。部屋の掃除が終わって10時頃から書類の手続きをした。寝るのに落ち着かなかったから、少し時間かかった。前はすぐに寝られたのに。

 

△自分の精神力を鍛えることを意識できたのはよかった。成長。手続きができないので、wifiにいったのも、部屋の掃除もよい機転のききかただと思う。くすのきについては、何度も自分ルールを守れず、もうルール自体が形骸化している。見てしまうと、時間をかけてしまう。2日に1投稿と制限をかけるといいのではないだろうか。また、そもそも投稿をしないと不安になるということは、自分が仲間に加わっていない感や自分が見捨てられるのではないだろうかという自信のなさからくるものである。だから、自分のエゴから端を発しているということを自覚し、落ち着いて、相手を信じて、やっていくのがいい。

 

反省of反省

今回は、やっと精神を鍛えることを意識するということが達成できた。ただ、精神の鍛え方をくすのきと結びつけたにもかかわらず、くすのきと結びついてしまったことは、またこれも自分の忘却の癖である。やはり、反省の反省は、自分が反省した内容を忘れないという点で非常に重要である。継続出来る。気象条件に合わせて、その日の献立を考える反省の仕方もよかった。後は、これを毎日確認しておくことで、自分の血肉にしていく作業が大事かと思われる。後輩との付き合い方についての反省も根本療法と対症療法の両方を意識した反省の仕方を書いていてよい。初心を忘れないため。初心を記録している所もよい。人は、特に僕は、簡単にわすれてしまう動物である。

今が一番素晴らしく、ちゃんと死ぬために生きよう。毎日の積み重ねの上にある今日が、最も自分に近づき、最も自分をよく知っているベストである。失敗は自分をよく知ったという点で、有り難い経験である。まずは、幸せになろう。波を乗りこなせ。他人を素直に頼ろう。過去から学ぼう。

 

 

2月11日より自分になる

○ 寒くて少しだらりと起床。ブログ投下後、一冊全て読み終わって、年金の申請書類提出。不動産関係の情報整理後、リョウマさんから電話。後、疲れて、U理論やアダムカヘンを読んだが、頭に入りにくかったので、色々と物思いにもふけった。家に帰って、空海の映画を見た。視聴後、10時半に寝るつもりが、住民と色々話していると時間がかかって、11時半に睡眠。

△ 結構うまくいった。不動産関係は途中までで終わったが、無理し過ぎると落ちるので、まぁいいんじゃないか。一日一歩、ベルトコンベアの上で三歩進んで二歩下がる。今日は、少しだけ手続き関係、特に不動産関係について、龍馬さん視点の必要なことを明文化し、リストアップする。気分に合わせた生活の仕方も上手だったように思える。空海を見て、精神力大切やと思った。精神に生活を合わせる工夫も大切だが、根本的な精神の方を鍛えるのもまた大切である。精神を強固にすることも同時並行でやっていく。あと、くすのきを見たいと誓ったが見てしまった。依存している。。。今日こそ見ない。

 

反省of反省

いい反省内容である。反省のたねの反省をするための心の持ちようについて最初にかたり、その後、具体的なライフハックについての工夫がある。ただ、自分の過去の事例を鑑みた上での反省だっただろうか。たまさかの思いつきではなかろうか。自分の過去の事例とかぶらない反省内容であること、或は、それを踏まえた上での実践的な反省内容であることを明確にする記述があると、より一層説得力のある反省になったように思われる。

 

2月12日書類関係めっちゃしようと考えていたが、できなかった。

○ 朝早めにおきれくなってきた。毎日の習慣を終了後、くすのきを見ないようにしたが、我慢しきれず見てしまって、コメントしないようにしたが、我慢しきれずコメントしてしまった。その後、読書。17字頃学校に行って、筆箱を探し、帰って所有権移転関係をやろうとしたが、後輩がきて、できず。実際、自分に余裕がなく、さらに後輩も戦略がわからないから相談させてくれとの旨で、ラインでポイントを送ったにも関わらず、家にきたので、イライラして、結構やさしく教えてあげてるつもりが、イライラをぶつけてしまった感がある。んで、気がついたら10時。その後にトンカツをつくって、11時半に睡眠。少しは、所有権移転のことはできた。目標であった、すべきことをリスト化することはできたのでOk.

△ 一日一日を大切にするために、夜と昼と朝を天気でみて、気象条件に合わせた作業をするスタイルは、結構いい。外が晴れているときは、読書し、晴れて無いときは、事務作業に集中する。こうすることで、「今の貴重さ」が拍車をかけて自分を仕事に駆り立てる。今回はたまたま後輩が長く居座ったため出来なかったが、次回からはできる。あと、愛だよ愛。そんな時期は、特に龍馬さんとの関係をみれば、沢山あったじゃないか。今、ふと思ったが、会社のプレゼンを龍馬さんにお見せすることはできるだろうか。龍馬さんに自信を持ってみせられるものが、本当のものであり、自信をもってみせられないものは、まだまだである。はぁ。んで、戻ると、イライラしてしまった時、呼吸を整えるなり、トイレにいくなりして、自分にかえることが大切。来ていいかと言われたら、断ることも大切。自分に余裕がないときは、人と心を落ち着けて接することができない。自分のメンタルと向き合って、自分の意志決定をする。今回であれば、気持ちが非常に高まっていたこともあったので、7時に来てもらうように調整をしておけばよかった。そうしたら、自分もそれまで精一杯の時間をつかって気持ちよく後輩に接することができた。自分の時間が取れる予定が突如入る時は、それまでに猶予期間を設けると時間を大切に出来た感を生むことができるのではないか。

褒めてあげること。毎日の積み重ねの上に最高の今日。想定外は自分を知るきっかけ。ちゃんと死ぬための今を生きる。まずは幸せになること。それから。今ここ。けれども、未来も。過去から工夫を率直に学べ。他人を頼ることに慣れろ。波を作る気持ちで乗っていけ。波に酔うな。波を察知し、上手に滑ろ

 

 

反省 of 反省

精神を鍛えることを反省として書いていたが、気持ちがこもっていないせいか、昨日は全くそんなことを意識していなかった。また、くすのきに関しても一緒で、依存しないと決意したにも関わらずみてしまった。ここはこの2つを合わせ、くすのきをみないということに関して頑張ることで精神を鍛えていこうと思う。反省したことを忘れてしまうということがわかった。

 

2月13日 歌を歌いながら部屋の掃除をした日

○早起きできた。宇井純についてまとめた投稿をした。時間がかなりかかって、疲れた。本を読んだが、頭になかなか入らず。twitterが盛んになる日であった。自省の機会が多かった。手続きをしようとしたが、限界を感じ、部屋の掃除を始めた。毎日一歩進むという自分のテーゼを達成するために、wifiの返却にも行った。曲を聴きながらやったら、曲に感じ入っていた。部屋の掃除が終わって10時頃から書類の手続きをした。寝るのに落ち着かなかったから、少し時間かかった。前はすぐに寝られたのに。

 

△自分の精神力を鍛えることを意識できたのはよかった。成長。手続きができないので、wifiにいったのも、部屋の掃除もよい機転のききかただと思う。くすのきについては、何度も自分ルールを守れず、もうルール自体が形骸化している。見てしまうと、時間をかけてしまう。2日に1投稿と制限をかけるといいのではないだろうか。また、そもそも投稿をしないと不安になるということは、自分が仲間に加わっていない感や自分が見捨てられるのではないだろうかという自信のなさからくるものである。だから、自分のエゴから端を発しているということを自覚し、落ち着いて、相手を信じて、やっていくのがいい。

 

反省of反省

今回は、やっと精神を鍛えることを意識するということが達成できた。ただ、精神の鍛え方をくすのきと結びつけたにもかかわらず、くすのきと結びついてしまったことは、またこれも自分の忘却の癖である。やはり、反省の反省は、自分が反省した内容を忘れないという点で非常に重要である。継続出来る。気象条件に合わせて、その日の献立を考える反省の仕方もよかった。後は、これを毎日確認しておくことで、自分の血肉にしていく作業が大事かと思われる。後輩との付き合い方についての反省も根本療法と対症療法の両方を意識した反省の仕方を書いていてよい。初心を忘れないため。初心を記録している所もよい。人は、特に僕は、簡単にわすれてしまう動物である。

今が一番素晴らしく、ちゃんと死ぬために生きよう。毎日の積み重ねの上にある今日が、最も自分に近づき、最も自分をよく知っているベストである。失敗は自分をよく知ったという点で、有り難い経験である。まずは、幸せになろう。波を乗りこなせ。他人を素直に頼ろう。過去から学ぼう。

 

2月14日 友人がくるので頑張れた日

○ 早起き。朦朧としている中で不動産関係。途中でtwitterに没頭し、集中力がきれる。喋りながら不動産関係をしようとしたら、学校に行く必要を感じる.学校に行ったが、学校にいく必要がないことを感じる。ストレスで寝たので、家に帰る。家に帰ると、また学校にいく必要をまた感じたが、よくしゃべりながら考えてみると、時間軸が具体的にみえてきて、書類の提出、もはやPDFの提出すら必要がないことがわかった。そうして、土曜、日曜にやればいいと考え、部屋を掃除し、勉強会の準備。勉強会はかなり順調に。勉強会が終わった後、すぐに料理をしながら、風呂に入っていたら、たっちんらがきてしまった。頭が働いていない中、話して1時ごろに睡眠。頭が働いていないと、うまくいかないもんだ。あと、お酒が入っていたからか、睡眠が浅く、起きたら眠かった.

△ かなり頑張った一日。これからずっと所有権移転ができないことが自分をドリブンした。自分がやる気が起きないときは、昔やったように、やる予定のことを細分化し、時間を余裕を持って設定する。すると、自分の危機的状況がよくわかってできるようになる。また、不意に予定が入るのが常なので、それを加味したスケジュールを考えておく。もはや、予定をいれる日を設定しておくことで、そこに予定を入れて、自分の「やるべき」のスケジュール管理をすればいいのではなかろうか。

 

反省of反省

くすのきを見てしまった。もうしゃーないのか、、SNSのよう。スケジュールに見る日と見ない日を分けて、視覚化しておくことで、自分の管理ができると思い、やった。根本的な現実逃避として、不安感としても、昨日ミーティングに参加しなかったが、特には大丈夫。それよりも僕はもし参加できるようになった場合、ファシリテーターを適切にできるように今手元にある本をよく読むことに集中したい。

反省of反省については、褒めてばかりであって、たまにはそういう日もあってもいいが、自分を否定するわけではないが、自分のよりよい発展の為によりよい工夫があるといいなと思った.くすのきをみないことは精神力を鍛えること、我慢ができるようになるこという風につなげて考えることは忘れないように。初心を忘れないように。之から数日間友人が家に滞在するが、自分が失態をした場合にすぐに立ち直れるようなマインドセットを確立できるように意識をしておく。

 

2月16日 自分についてよく考え込んでしまって、後でこばがきた。

○ 朝早く起きて、布団のなかで読書。たっちんらが起きて、リビングへ移動。とても眠かった。毎日の反省を書いた後、風呂に入っている間に睡眠。一時間程、睡眠を取った後、所有権移転関係を少し進めて読書。頭になかなか入らなかった記憶。色々な考えが溢れ出てきた。坐禅をよくした。19時頃からこばがきて指導。そして呑み。んで、1時頃まで指導。睡眠。

△ 眠くなったのは、昨日自分がうまく振る舞うことができなかったから。少しのミスがあった時、脳内フリーズするのを直そう。完璧主義だから。特に人前で。人前ではできるだけ落ち度がないように、価値ある人間であるように振る舞うので、1つのミスが足を引きずる。自分をかわいく見てあげるのが大事。失態や失敗があってこそ、愛嬌があり安心のできる関係を結ぶことができる。所有権移転が出来なかったが、少しは進んだ。全体像を把握し、構造を見据え、現在位置を知ることで、しかるべき動機や手段が自然と浮き上がってくる。

 

反省of反省

所有権移転をやろうという気持ちはずっとあって、少し前に進むことができたが、減価償却費がいらないんじゃないかという指摘に面をくらって、自分はこの作業ができない人間だといういう風に保身のための思い込み、それゆえの度の過ぎた停滞、葛藤に自分を追いやった。精神力を来ることへの意識は少しあったような気もする。本を読むのに集中力がなくなってきている。日常生活で感動が大きく揺さぶられるようなことが度々おきているので、そちらの方が気になって、思考が持っていかれている。

失敗した時にすぐ立ち直れるようなマインドセットは意識ができていなかった。これも、人前の完璧主義故か

 

2月17日 たっちんとお別れ

○早起きし、読書。こばの手伝い。途中、外にいって読書をするがやる気出ず。この日はなんとかして所有権移転の書類完成をやろうと思ったが、疲れ過ぎてダメだった。たっちんらに荷物を届けに。その間は考え事をしてしまう。たっちんに会う等、強烈な体験をすると、どうしても脳がそっちに引っ張られる。帰って来て、こばに指導して、帰って、料理をして、かおると話して、ライクハウス旅行について計画して、ノリで、というより、かおるのみんなで楽しくやっている様子に憧れて来た話を聞いて、心を動かされて、ゲームをやった。1時に睡眠。

 

△ 頑張ろうとするのではなく、淡々とタスクの細分化を図り、全体像と構造を把握した後、自分の現在地を知ることを怠った。これは痛恨のミス。結果、やれなくてもよかったが、ここの工夫はやっておかなくてはいけなかった。こばに関しても途中からどこに向けて指導をしているのかわからなくなってきた。自分も、きちんと確かなことを確かな言葉で確かな動機で確かなタイミングで伝えられるように、よく全体像を把握し、ダイナミクスを把握した上で、内容を考えるべきであった。頑張りが続いたので、少しモチベーションを下げようとしたのは妥当な判断だったように感じる。

 

反省of反省

前回の内容はとてもgoodに感じる。対症療法と根本療法の両方を考えるとよい。失敗した時にすぐに立ち直れるようなマインドセットの対症療法は、敢えて失敗し、アメフリチカカタのチャンスだと割り切るように思い込むことである。

 

2月18日 よしこcome

○ 少し遅めに起床。朝からシェアハウス周りの掃除を。本を読もうとしたが、読めなかった記憶。調子を落とそうとしたが、ずっと焦っていた記憶.受験期のような。夜は、よしことぼちぼち話していた。

△ 完全に現実逃避。今、掃除するかと。タスクを細分化して、全体像と構造と現在地を把握しようとずっと考えていたができなかった。

 

反省of反省

結構具体的な反省内容。適切なタイミングとはどのように計られるか、それは、相手が欲したときである。それを顔や言葉で把握するようにする。

反省の仕方は解釈の仕方と視覚的に分かる具体的な策を考えるとよい。例えば、雨降りチカタであれば、テンプレを脳内に叩き込むこと。「よくこういうことあるのよ」「ごめんね」「ユニークな経験談」の三拍子。

 

 

2月19日 よしこのための一日

○ 早く寝て速く起きた。すぐに所有権移転関係についてよく調べた.病院が11時頃からだったが、ぎりぎりまで集中してやってた。すごい集中力だった。それで、遅れて病院へ。龍馬さんの話を軽く聞いて、レストランへ。ご飯を食べて、ボードゲームハウスに向かって、ボードゲームをハンズで購入。近くの知恵の輪等で遊んだ後、シェアハウスに。ボードゲームやって、疲れて、しゅんと電話して、ピザ食って、ゲームして、ボードゲームして、3時に就寝。

 

△ すごい集中力で、時間が差し迫っているときは、必ずアラームをかける習慣をつけよう。長い時間同じ人といると疲れる。だから、上手い具合にその場を離れる術を身につけようと思う。ただ、この自分の性質について伝えるか、伝えないかはよく考えた方がいい。相手からは十分程の説明を受けない限り、納得いかないし、事実、本当に大切な人と一緒にいるのであれば、一日中一緒にいれる。だから、何かしらの妥当な理由をつくって、或は、さらりとあまり気にならないようにその場を去る練習をしよう。

 

 

反省 of 反省

最近はより反省が具体的になってきた。繁文縟礼になってしまう可能性はあるが、場合分けを言語化するとよい。ユニークな経験談はさすがに蛇足かもしれない。が、場合によるだろう。短い経験談を話せるようになっていれば、ありかもしれない。(まぁ、難しいだろう.

登記申請書の記入にあたって

・住民票コードがなければ住民票の写しが必要

・売り主が作成した代金を受領した証明書の提出

・委任状の記述(例をモデルに作成)

・印鑑証明書

 

 

 

・登録免許税を自分で計算し、記入。

 

おつかれさまです。

先日は、支離滅裂ですみません。


忙しい所申し訳ないのですが、手続きを進めるに当たって、準備をお願いしたい書類があります。以下のgoogle driveに格納されている

・売買物件引渡確認書

 

2/18-3/15に東京の税務署にて申請

 

 

すとらテラ処方録 25 発表後自由

 2月7日 修論発表

○ 朝から諸々。くすのきに長文を投稿。そして、発表内容の練習。カウンセリングも行った。そこそこの結果を出して、研究室で色々。道具を取りに帰って、休暇中の決意を新たに。夜はこばと議論。気がついたらリビングで睡眠。

△ 最低限のクオリティを出せた。ただ、先生から言われた注意点を守れずに発表した部分があった。陸からPbが来る的な所だっけな。それから、質問に答える時「恣意的」という語を使ってしまった。ゆっくり喋っても頭の中は焦るので、失言をしてしまうようだ。落ち着くというより、場と相手に誠実に向き合って、言葉を届けるように喋ることが大切だと気がついた。

 

2月8日 だれる

○ 朝遅めに起床。くすのきにメッセージを送信。気分がよくなって、毎日の習慣はしなかった。ずっと自分の文章を読み直して、リョウマさんの文章と比較をしたり等した。家でも難しかったから、学校に行ったが、学校でも難しかった.宮台と落合の動画を二回視聴した。帰って料理。こばと議論もした。

 

△ とてもストレスのたまった日。この日の反省はしっかりやりたい。まず、事務作業に関して分からない、不安な点があったのがストレスだった。調べればよかった。んで、調べたらでてきた。後は、出すだけ。簡単だ。毎日1つだけやるようにすれば、心的負担をかけずにできる。ストレスが予見された時、寝る癖があるが、寝始めるとつけが回ってくるので、しっかり携帯のアプリの認知行動療法を用いる等して、あらゆる策を講じて向き合う。

 

2月9日 本を読んだり、掃除をしたり

○ 早起き。いつもの奴。写経以外。皿洗いについての不穏な空気。部屋掃除。読書。遅めに写経。事務作業的なのもやろうとした。ともの見送りのための準備。何を話すか考えたり、メッセージカードを準備したりした。夜は一緒に飲んだ。

△ 前の、反省の為の反省。工夫の為の工夫。一瞬一瞬に蓄積を感じ、味わい尽くす、ちゃんと死ぬ為の毎日をおくる感覚が薄れ始めている。いつも自分に問いかける。ちゃんと死ぬ為の今を送っているか?と。今ココの感覚を保持しながら、未来に合わせた行動を選択できるようにする。

 

2月10日 読書に集中

○ 遅めに起床。目覚ましはかけず。朝っぱらから、くすのきのメッセージを簡略化。それに時間をかけて12時くらいに疲労。休んで、外で読書。18時くらいまでやって帰って、毎日の振り返り。事務的な作業やろうとしたが、ペンがなくて?諦め。ただ、探せばあるかも。本を売ろうとしたが、途中でやめた。事務作業についての葛藤多少あり。

大根かって、料理に少し時間をかける。本を時間がある時ひたすら読む。10時から打ち合わせ。自分がどれほどくすのきに時間をかけられるのか。もし、くすのきに時間をかけなくても、読書に夢中になり、やはり事務作業はできなさそう。

△ 前決めた通り、自分の衝動の制御のため、くすのきは3日に1度の関わりにする。slackを見る日をカレンダーに書き込む。事務作業は、毎日一歩前進する。毎日1つできたら最高だけど、むずかしいので、、一歩前進でおけ。モチベーション曲線から分かる通り、頑張り過ぎたら一気に落ちるので、毎日75-85くらいの頑張りでやるように。だから、本を読み過ぎて気力をそこに使うと、すべきことができなくなるので気をつけて。すべきことができるタイミングがあれば、そこでやる。そのタイミングは貴重。よく自分の気持ちや体を対話し、それを見計らう。今、今日こそは、やってやると思っているが、あまり意気込むと良くない。家のことについても意気込んでいるが、あまりよくない。自然体で、淡々と、1つひとつ、まだ一ヶ月と20日あるのだから、毎日少しずつ進めればできる。今日は、一枚だけ、てか、今から、一枚だけ、年金関係の記入を終わらせる。その後は、家のことについてやろうかな。病院のこともあるな。年金、病院、家の順番で、少しずつやっていく。あ、休日は、好きにやろう。休日らしく。反省のための反省ブログやるのもいい。一日前に2日前の反省の仕方について反省しよう。

 

すとらテラ処方録 24 週論提出後東京へ そして修論発表

二月ニ日 東京へ移動

 

○朝早めに起床。4時間半睡眠。朝から準備をして、毎日をやって、出発。移動中は携帯と本。成田に着いて、本を発見。心理学の本にガンはまり。ずっと読み続け、11時に睡眠。

△いい本見つけた。明日に向けた準備を怠った。本を読んで、手紙を書く魂胆だったが、無理なプランを組んだ。基本的に、自分は無理のあるプランを組み立てがちだということに自覚的になろう。そして、そのために、今後は、これからのことはイベントを企画するかの如く、絵コンテを書くかの如く、スケジュールを、作成するかの如く、真にやってやろうと、かましてやろうと、作戦を立てる時は完璧主義に、気持ちよく、策を立てていくのである。想像をしていくのである。そうすれば、楽観的失敗は無くなっていく。

 

二月三日 お手紙を読む日

○5時間ほど寝て、また心理学。会社は12時に始まる。プレゼンを長引かせてしまった。原因は準備不足。一度、軽くやって本番で調整できるだろうとタカをくくっていた。今後、三度続けてたら成功したら、準備オーケーと判断する。相手をリアルにイメージしながら練習するのがコツ。インドネシアプレゼンの如く、自分の身の丈を考え、何度も動画を撮るなりして、反復しなくちゃならん。少しプレゼンを引きずって会が進行。ご飯の時、喋らず、落ち着くことを意識したが、こちらも質問返しするなりして、場を盛り上げようと意識すればよかった。何かに挑むなら、必ず策を練って、出す条件を考えておかねば。だからこそ、前回毎度やっていたように、一つ自分の中で目標をきめて、それに対しての策を三策は考えておくようにしておく習慣をつけておく。準備の三策習慣。手紙についても、先に後ろめたくとも大島さんに相談しておけばよかった。順番が失敗。プレゼンの内容も見栄張りやチャレンジ、まるで切り貼りしたかのような秩序なき思想のプレゼンで中身がなかった。ドタバダでやっつけでやる時は、新しいものを準備するのではなく、最低限のクオリティを担保できるもので準備すること。例えば、今回であれは、過去プレゼンは良かったが、、、いや、関西も未来も軸がそもそもないから、あんな形になったのだ。元からの軸は抽象的に思いやりと誠意と最大化。ただ、それれは自分の過去というより、自分の師が大切にさていたことであって、共有可能性が低いというのが事実だったから、原体験になるようにロジックを埋め合わせたのだ、だから、仕方がない節もある。何はともあれ、準備不足だった。自分は思ったよりも流動性知能は高くはないのだから、なんでもはやめはやめに、小林風に、一つ一つを真心込めて仕上げていけば、それは自信作になり、自分に知恵を授ける。一つ一つの真心から埋まれる自分の知恵こそが大切なのだ。

それが終わって、

 

2月4日 研修 

○ ネカフェで早く起きて、ネカフェに7時間パックで泊まって、するとプレゼンの準備等考えると、ほとんど時間がないはずなのに、光熱費関係やらに時間を取られ、延長。光熱費もそうだけど、「当たり前にわかる」ことを「考える」ことで「当たり前にわかる」ようになるわけで、自分は「考える」ができないから「目の前のことや今後のことを考える」を定期的に行うルールをつくる。これが難しくて、ホワイトボード的なのをずっと目の前にぶら下げておきたくて、携帯しかないのではなかろうか。以前やっていたように、これからその日のスケジュールを他人が見れるようにつくる習慣を作ってもいいかもしれない。プレゼンの練習をし、親への回想後、研修。時間ちょうどに終了し、気持ちくなった。それぞれのメンバーへのコメントも時間ちょうどだし、よかった。喋らない意識もできた。その後、呑みに行って奢ってもらった。雑談は量を少なくし、質問でユニークにできるようになりたい。誕プレもまぁ、しゃーなしかな。誕生日への解釈に時間をかけた。これは、普通は相手は誕生日を祝われたいと思っていることにして、しっかり祝うようにする。ここは自分と他人は違うのである。まるで誕生日は正月のお年玉、クリスマスの🎅からのプレゼントである。そう解釈する。そして、修論の修正が入って会社で仕事を。くすのきに関心がいったり、メッセージに気を取られたり、気が散ったけど、そういうもん。で、成田に行くために電車になったが気をつけていたにもかかわらず、たどり着けなかった。これは、電車には「成田空港」と書いているものかと思っていたためだ。書いてるものは全て通り過ぎた。その度に、遅延の電車が通り過ぎてるだけなのだろうと考えた。時間に所定の電車が来ず、複数見過ごした。原因は、根拠ない思い込みである。母やなにより龍馬さんに何度も指摘をいただいた通り、恥を捨てて長期で考え確認を何度もするのである。そして、結局ネカフェに。。。

△ 夜は頭が本当に働かなくなるので、やらなくてはいけないことがあってもやってはいけない。ミスの上塗りをする。やるのであれば一度寝てから。

 

2月5日 東京からの帰り。

○ ネカフェで起床。成田にて、読書。心理学の本を読みきった。50分の仮眠を取って、航空機内で睡眠。航空機は寝てしまうらしい。バス内や電車内で会社のことや家のこと。読書も少し。長崎について学校へ。提出をしようとして、その後不動産関係をやって、家に帰る。皿が十分に洗えてないことを指摘されて、少し喋って睡眠。

 

△ 未来を考える計画的生活への意識がなかった。毎日、少し朝でもその日のことを想像する。 

 

2月6日 修論発表一日前

○ 少したくさん寝たが早起き。一日休むつもりだったのでゆっくり。アベマとかみたかな。毎日の奴、座禅を3分だったが、やって、学校に行って、書類を揃えた。なぜか少し時間がかかった。気分が乗らなかったからだ。書類を揃えて、先生がくるのを何度か待った。先生が会議に行かれている時に、修論を終わらせておくべきだったが、一時間半、やりたく無さ過ぎて、寝る病が発症。なんとか、全部やりきった。んで、部屋のことをちょいとやって、ぼけーっとして、西川と喋って、帰宅。かなり自分が想い通りにいかず、イライラしたので、ゲームでストレス解消しようと思ったが逆効果。その後、寝たが高浜くんから連絡がきて、10時就寝のはずが、12時に就寝。

△ ストレス解消としてのゲームは余計にストレスたまるし、休養と思って休むと僕の場合余計にストレスがたまる。余裕がないようで。笑 休み方を知らないのに休むと休めないので休み方をしらないうちは休まない。休める心理になってから休む。坐禅を組めばよかった。本を四冊買ってしまった。いつも目に見える所に本をおいて、読めるようにしておく。

 

 

すとらテラ処方録 23 やることが増えて来た日

1月29日 古事記修論

○ 朝早めに起床。毎日の習慣を終えた後、古事記の復習。今後のやることの計画を立て、飛行機の予約や楽天銀行の支払いを済ました後、古事記の本を借りて読んだ。会社の式で行なう、メッセージやパーソナルミッションも考えた。帰って、疲労がたまっていて夜はゲームをしている様子を眺めたり、住民と話したりして、早めに睡眠。ジャーナルも読んだなぁ。

△ 光熱費計算をしなくては。金がないので急ぎ目に。あと、母へのメッセージのスタンスを決めないと毎度葛藤する。リョウマさんに接するように、同僚に接するように、真心から感謝の意がこもったメッセージを形だけでも送るようにする。これは、僕が紫が見えなくても紫を認識し、紫を使うことができるかのように、感謝や尊敬や愛をしらなくても、それを伝えることはできるのだ。それが伝わることが、関係の改善に繋がる。だから、誠実に文章を送る。「僕の方から」修論があと2日なので、まぁまぁ頑張ろう。今日一度、必ず、相談して、提出。また、修論の概要や必要書類も提出。父母には連絡をこまめに。

1月30日 修論twitter

○ 早めに起きて毎日のこと。暴力について論考して、修論に時間を殆ど割いた。親への感謝の言葉とパーソナルミッションも考えてしまった。帰ったら、ジャーマンポテトをかなり凝ってつくった。バターとオリーブオイルを入れたので、濃くなり過ぎて、早く寝ようと思ったが胃もたれした。結局、寝れずに、ゲームを見ながら1時になっていた。

△ ゲームをみて1時になってしまった病は治した方がいい。必ず、「中毒」の名のつくものをする時は、30分ごとのバイブをならす。この習慣だけはつける。長くみてもいいけど、必ずバイブだけは準備するようにする。

 1月31日 修論と家のこと

○ 朝早く起きて修論提出。家のことで連絡をとっていた。色々な不祥事があったようで、色々とこちらの用件を提出。それから、大島さんに連絡をとったり、先方のことを調べたりして、策を練っていた。考えることの指導もしたし、今後のことも考えていた。そうして、かなりの時間と精神的な負担がかかった。人は信用はしてもいいが、信頼はできないとわかった。よく道理がわかっている人でない限り、自分でよく考えたほうが納得がいくことが多い。自分でも出来ない所はたくさんあるのだが、、、こうやって自分の苦手な部分を人に任せる時は肝の部分を抑えてそこだけ確認をしておくようにしよう。

△ 僕自身もあらおと同じ人間なので、僕があらおにして欲しいことを僕もやろうと、心がけようとおもった。大切なのは一人で住むよりマシなのである。人と住めば、目の前のことに気が向く。

 

2月1日 修論提出

○薬を飲み忘れて9 時に起きた。起きてすぐ、論文を仕上げて提出。ご飯を食べたら、腹が痛くなった。苦しみながら、学校にいって、修論の添削/修正のラッシュ。一時、 逃げたくなった.「一旦休憩」をいつもなら入れるポイントで底力を発揮した。ともかく「今やらないと」取り返しがつかない状況という極限状態だったので、混乱しながらも活路を見出し、無理かと思われたが、なんとか提出できた。17時提出で、提出物を把握していなかったせいで、(何度も提出物を把握しようと、 紙を見たのだが頭に入って来なかった)学部を行ったり来たりし、17:30に提出した。終わって、内科にいったが、異常はなかった。内科に行くとほっとして腹の痛みがなくなったので一日分しか薬をもらわなかった。けれども、内科からでると腹が痛みだして、帰って風呂にはいった。おちついて、少し和らいで、飯を食べたらほとんど痛みはとれた。気が動転していてまともな思考ができなくなっていた。

△ 追い込まれるとおれは大きなちょんぼをする。から、追い込まないように生活/仕事する。

誕生日と両親

誕生日

 

面倒だし、本質的でないし、意味が分からないし、

相手は嬉しくないし、

別にいいし、プレゼント選びの手間かかるし、苦手だし

 

だるさ 50%

薄ら寒さ 10%

不安 20%

こだわり 30%

 

送らなかったら、なんか不安に、疑問をもつ

普通送るのにおくらないとおかしい人にみられる

相手からすれば、ただ面倒なだけだと、冷たいひとにみられる

面倒な奴だとみられる。

送るくらいこだわらなくていいだろ

挨拶だよ

でもモデル、、、

他の人はいいんだよ。

 

 

誕生日メッセージやプレゼントを送らなくても継続した関係をつくる

祝ってもらったのに祝わないのは返してない。

実際に、自分も祝ったのに祝われてないのは、引きずっているので、

相手もwin-winでなければひきずる。

だから、会社のメンバーについて、特に、同僚についてはお返しをする。

あと、祝われたら、真心をこめて返す。

そんなかんじで。

 

両親についてもこれ、それぞれの事象毎に考えなければだけど、

まずはお金についてで、

でも、これは、まぁ、ほぼほぼ結末は決まってるんだよな。

実害を考え、最初に迷惑と不信を買い、後で少しずつ返していく。

そういうスタイルで.