読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の言葉にしてみること

言葉にしてみたい衝動の行き先

平衡損失の歴史

西部邁さんの知性の構造から引用した。語彙の説明については便宜上省いている箇所がある。 実際、ここ数世紀の思想の流れを振り返ってみると、それは想像主義と事実主義の間のあいだの往復であったと言って過言ではない。啓蒙主義【1】から歴史主義【2】へ、…

歴史に学ぶ「美徳」の大切さ

googleで「美徳」と検索すると 「ほめるべき、うるわしい徳。人として望ましいりっぱな心のあり方や行い。」 と出てきます。 今回は、この「美徳」についての話。 昔は、寺子屋で美徳は磨かれていたそう。例えば、寺子屋における手習い。これは単に文字を上…