自分の言葉にしてみること

言葉にしてみたい衝動の行き先

怒り

西部さんの自裁死を手伝われた方、窪田さんが懲役二年の有罪判決が出されたようだ。

正直な話、怒りと悲しみを覚える。

西部さんの死への冒涜でありながら、窪田さんの良心を一切無視する判決だ。

ほんとになんて国なんだろうと失望する。

明らかにおかしい。価値観はそれぞれだといいながら、法律の価値観はそうにはいかない。

最もらしい価値観が反映されているのが法である。

にもかかわらず、それがあまりにもおかしい。

生命至上主義の愚かさがこの判決ににじみ出ている。

こんな法に守られたくない。というより、法に脅かされている。

健全な良心を持つ者ほど、法におびえながら生きなければならないなんて、あまりにもひどい話だ。

こういう法が改正されないのは、ぼくら国民が違和感を持っていないからだ。

つまり、法が腐っていると言うことは、僕ら国民が腐っていると言うことだ。

西部さんの自裁死を手伝ったのは、窪田さんよりむしろ、生命至上主義を信じるほとんどの国民である。