自分の言葉にしてみること

言葉にしてみたい衝動の行き先

ストラテラ処方録 ①(最初、気が入っている)

ADHDと名前をつければお薬関係の会社はウハウハだ。

薬はまやかしのようなもん、みたいなことをよく聞くが、僕の使い始めたストラテラもその一種かもしれない。

よく改善した事例があげられるが、それは単にプラシーボ効果によるものなのかもしれない。

ADHDは、というより僕は早とちりや勘違いは少なくないし、読み手には不要かもしれないことも含まれているので、読むならそちらで調整してほしい。

 

*記事を書いたのは飲み始めて13日目。最初の方は少し記憶が曖昧。

 

まずは、飲み始める前のこと。背景がないと薬の効果が明瞭にわからないから。

①2018年4月から。院2年。修論をほったらかしにゲームばかりして完全な引きこもり。ゲームや動画のせいで遅くに寝て、遅くに起きることがしばしば。昼夜逆転の生活が続いていた。希死念慮あり。twitterの使用なし(僕のtwitterではその日考えた大事なことを思いついたらすぐメモするようにしている。その日の知的好奇心や思考の質を見る指標として)

②8月10日(薬を処方する約一ヶ月前)に親や先輩に劇を飛ばされた1日があってそれから、生活を変える意識が強くなる。それから、少しずつゲームから離れて、少しずつ感覚が健全なものに。週一のカウンセリングを受け始めることを決める。twitterで長文の更新を2度。

③8月20日から9月2日の間。意識が行動に現れ始める。完全な昼夜逆転の生活を送るのが半分に。4-6時には寝れるようになる。これまでの3回のカウンセリングのうち2日間は10分と30分の遅刻。何事にもやる気はでない。学校に行っていた頻度は週4。希死念慮弱め。twitterの頻度は4回。

④9月3日。寝坊し病院に行けず。落ち込んで9月7日まで昼夜逆転の生活に元どおり。カウンセリングを1日忘れた。twitter使用なし。

⑤9月6日

健全な意識を少しずつ取り戻し始め、③より少し良い状態へ。興味のあるゲームの対象が変わり始める。twitterの使用14回。

⑥9月12日。病院でストラテラ取得。病院では、診察結果の入ったファイルをなくし約40分滞在。

 

ここからストラテラを処方し始めてからの日々、、を伝える前に先に共有しておくべき情報がある。9月20日に内定者交流会、24日に内定先でのBBQがあって、このイベントが自分の意識を変えている側面が強いこと。

では↓

 

期間A(9月12日-9月17日) 内定先に対しての緊張感が比較的小さい期間

人狼で嘘をつくのがうまくなって勝率上昇。13日にゲームをしていて「気が付いたらこんな時間」がなかった。15日に(ゲームが悪質なアップデートをしたこともあるのか)プレイしなくなった。朝起きれるようになった。時間通りにカウンセリングに行けた。希死念慮なし。SNSの使用頻度が毎日。情報の収集時間が1日のうち6割。知的好奇心の増加。友人との待ち合わせ時間に間に合う。

×喉元に薬が詰まった感じ。お腹に不快感。コンビニの食べ物に食欲がわかなくなる。

期間B(9月18日-24日) 内定先に対しての意識が強くなった期間

△変化がないと確認できた部分

内定者交流会での会話の様子は昔とあまり変わらず。少し話しすぎ、少し脈絡がなく、少し話を聴き漏らす。

友達とあったが気が回らないのは相変わらず。議論でない雑談が苦手。自分の注文した串を忘れる。一度失態があると落ち込む。人の話を全て把握できない。エスカレーターで別のことに関心が向いてスーツケースを倒した。

多動傾向。

◯カウンセリングを時間通りに。気まずくて行けなかったゼミに数ヶ月ぶりの参加。ブログを使用した自己分析開始。本を読むようになった。ツイッターの使用頻度が最大値の1日3回ほど。難しい記事を好んで読み始める。ネカフェを散らかすことがなかった。スムーズに東京まで行けた。以前までは必ず東京への行き帰りにおいて便の勘違いや乗り遅れで大変困難があった。東京行きの準備がきちんとできた。領収書をほとんどもらうことができた。携帯やパソコンの充電の様子に気が回るようになった。ずっと連絡の取っていなかった彼女に連絡が取れた。酔ってネカフェに行った後、友人との飲み会に落ち込んで脱力感がやばかったが、すぐにシャワーも浴びて寝る体制に入れた。

×薬を飲んだ直後の不快感が酷いことに気がつく。特にお酒を飲むと不快感が増す。頻繁に夢を見て、その度に半分起きる。以前は3.5の倍数で起きると目覚めが良かったが、日が経つごとに一定時間におけるノンレムの周期が頻繁になってきているように感じる。

?変化があるかもしれない部分

不必要だ!と思う妄想が減った。言って後悔するようなことを言う機会が減った。