自分の言葉にしてみること

言葉にしてみたい衝動の行き先

ストラテラ処方録④(ADHDさが溢れる)

10月4日 内定式のため東京へ

◯3時過ぎに起きて準備やいつもの儀礼、情報収集。ひらくPCバックにより移動中の財布の取り出しなどが容易に。移動中、ずっと読書と情報発信。飛行機に比較的スムーズに乗れた。空港に着き珍しくやる気が起きなかったので40分の座禅。もやついて引っかかっていた何かが取れ、読書に集中し始めた。猫の安請いをフォローできた。

△出発時間が遅れ、さらに駅について朝食を買っていたら乗車予定の電車に乗り遅れた。睡眠少なくていけるかと思ったが、電車の中で浅い睡眠。さすがに非効率。毎度、最初のチェックの時にスーツケースを受付に置いたまま離れてしまう。シェアハウスの猫の保護を安請いした。副作用が効いて腹の不快感から眠れなかった。1時から2時くらいまでダラダラ。タオルと寝具を忘れた。準備不足。

*無気力になった時、強めの座禅を行うことで洗われる。

10月5日 内定式当日 (ADHDけが最大化)

◯朝から自己紹介の練習のため内容を考え練習。動画を撮りながら本番さながらできたの可。

△内定式に遅刻した。詳細は以下。練習に集中しすぎて、2度乗車予定の電車を乗り過ごした。(乗る必要がなかったからというのもあるが) 電車が止まって、「待っておけばなんとかなるだろう」という楽観と「今のうちに練習できる」という「やりたい」が優先して、15分ほど同じ駅に滞在。JRに乗り換えて、JRも遅延していたにもかかわらず、遅延を考慮した電車の情報を表示しないナビタイムのスケジュールを過信し、間違った電車にのった。電車にのっている間、練習に集中しすぎて、駅を降り損なった。あまり時間が十分になかったが、体を洗わず内定式に参加するのはよくないと思い、ネカフェに行った。後先のことを考えず、「とりあえずシャワーだけ浴びたいので」と店員にいい、キャリーバックを開ける十分なスペースがないところを最初は選択をしてしまった。シャワーをゆっくりあびた。ネカフェから出る時、ひらくPCバックを店内に忘れてしまった。取りに行って会社に戻る時、携帯を忘れてしまっていたことにきがついた。

遅刻して内定式に参加すると皆スーツを着ていた。「ジャッケっト着用」とあって若干の違和感を覚えたにもかかわらず確認をとっていなかった。違和感に敏感になれなくてあれだけ反省したのに、、、それを引きずって、内定式は聞くことに集中できなかった。自己紹介では、練習したものが完璧なものにならなくて不安があり、その前の社長の話に「感」が大事だいう話が僕の不安を後押しして、結局自己紹介は用意していたものではなくよくわからないその時にアドリブでつくったものになった。きちんとアドリブでも話すことができればそれでよかったが、話すことができなかった。ここはどっちもどっちかなぁ。ただ、コンテンツが複雑かつ詰まりすぎていて、非現実的だということは薄々分かっていたにもかかわらず、本番は話すスピードがゆっくりになってしまうということを把握していたにもかかわらず、内容があまりにも自分的にいいものだったので、変更ができなかった(執着)。自己紹介のミスをその後も引きずり続けた。一度ミスがあった時、切替えができず、ずっと引きづり続けることは会社での仕事に影響が出るので、本当になんとかしたい。心から後ろめたく恥ずかしく思わならければならないが、その思いに誠実に向き合えば、次の瞬間の結果で返さなければならないと思えるはず。真剣に誠実に自分のミスに向き合い、周りと自分のことを考え、適切な行動選択を行う。ここを徹底する。この会社は自分のありのままでいれるから思わず、自己中になってしまうが、、、ありのまままというのは利他の上に成り立つものであるから、周りの空気もしかと読むようにしたい。

飲み会では自然にふるまった (調子にのった) 。結果的にウケたのでよかったが、突っ走り過ぎた感はある。

 

雑記

家でノロノロやるよりも外に出て人の目にさらされる場にて自己表現を行うということ、緊張する場に出るということ、を何度か繰り返すと、やはり反省の質、量が変わってくる。現在の僕は知識や思考を蓄え、真理なるものの探求に勤しんでいるが、まず第一は修己なので、実践の場に身を投げ出す機会を、その場に興味があまりなくとも、意識的に増やしたほうがいい。ゲームにしてわかったが、身を以て経験したことは実感を強く伴って体に定着するので、煩わしさや不安はあるが、頑張ろう。

 

10月6日 (ADHDのけが出過ぎ始めている)

◯友人宅にてそこそこ気を遣えた。夜中完成した企画案を夜中に共有しなかった。

△待ち合わせ時間のギリギリまで待ち合わせ時間で披露する予定の企画案を考えていて遅刻した。慣れない東京だから余裕を持って行動することを覚えて。飲み会で少し話しすぎた。ありのままでいいとはいえども他人への配慮を。名前やその人の生まれなどを覚えようとする気概がない。飲み会中の内定者のラインに返すことができなかった。

どの電車に乗るかの選択が早計だった。服を新ちゃん宅に忘れてしまった。

*精神が興奮状態のときに、一つのことしか見れなくなる。アラームをかけるなどして、定期的に一息落ち着く時を生活の中に設けるとよい。30分おきに自身を俯瞰する時間を。