自分分析学

言葉にしてみたい衝動の行き先

嘘つきは誰かをあてるディスカッション

  1. そうなるので、結局、お互いがお互いをつぶし合うのような議論は行われず、自動的に礼節の伴った、しかもみなが真理への探究という一つの目標にむかって、言挙げが行われる。しかも楽しく。これはいいなぁ、
  2. これまで社会ごとを取り上げて議論をする空間を作るときに立ちはだかってきた壁、全てが崩れ落ちるんじゃないか。けんかっぽくなることは確かにあるが、人狼殺では、けんかごしの人はいると不快だからと最初にふるい落とされるのが常だ。だから、ものごしの柔らかな人しか生き残れない。
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 23分前

 

  1. 第二に、発言が苦手な人でも一生懸命考えているフリをすれば勝てる可能性があるので議論をしたいけど苦手な人も気軽に参加できる点、第三に人狼殺のアドレナリンの出るゲーム性があるから、ただそこにいるだけで楽しめる点、第四にゲームである以上メリットを追求する動機がなくなる点だ。
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 27分前

 

  1. 一日目の終わりには、嘘をついていそうな人が投票によって殺される(人狼は殺さない)。そうやって、最も真摯に真理にたどり着こうとしていた姿勢のみられるプレイヤーが残されていくのだ。これの何がいいかって、第一にゲーム内であるから意見の相違があってもリアルの人間のことが嫌いにならない点
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 34分前

 

  1. で、市民は素直に自分の思っていたことを主張していいが、人狼は自分のターンが回ってくる度にどこかに必ず自分の考え、想いとは反する意見を述べなければならない。そうして、議論をしながら、より良いオリンピックの運営の仕方についてみんなで考えていくのだ。
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 38分前

 

  1. ネーミングセンスが失敗し手他のに気がついたので訂正する。「社会ごと人狼』と名付けよう。で、社会ごと人狼では、議論のテーマが「誰が人狼か」ではなく「社会の仕組みや考え方についての議論の余地あるTOPIC」に変わるのだ。例えば「オリンピックを開催するに当たってのスタッフの集め方」とか
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 43分前

 

  1. 僕も毎日10時間以上はやっていたのだが、論理のほころびや感情の変化から人狼を当てた時、或いは人狼の時に明らかに村に有益な意見を言って全信頼を置かれた上で最後に「実は」と結果が発表された時の安心や優越感はたまらない。そういう点やゲーム性が僕らが苦手な「議論」を「遊び」にしてしまってる
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 59分前

 

  1. それが「人狼ゲーム」だ。これはかなり人気だった。というのも、ほとんどのゲーム系youtuberが取り上げていた大人気ゲーム荒野行動、そのTOP荒野行動実況プレイヤー8名が前代未聞の集結を行い、そして立てた企画が人狼荒野行動だ!(笑)(それほどゲーマーが人狼というフィールドで議論を楽しんだのだ
  2. 返信
  3.  
  4.  
  5.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  6.  
  7. ツイートアクティビティを表示
  8.  
  9. このスレッドを表示
  10. 取り消す
    1. 1時間前

 

  1. ①議論をすることのメリットが分かりにくい②けんかみたいになるから嫌③議論自体が苦手でうまくできない人が多い、というのが議論を避けた理由だ。そういうことをやってきたサークルがなくなってから、習慣的に議論をしているコミュニティーは一度も見たことなかった。しかし、最近一つ見つけてた。
  2. 2件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 1時間前

 

  1. 好む人間は少ない。そんで、これまでの大学生活では、選挙前にイベントを開いて議論をしたり、若者が集まってラジオで議論をしたり、海外の人とfacebookのコメント欄を使って共通の話題について議論ができるプラットフォームをつくったり色々してきたが、どれも上手くいかなかった。
  2. 1件の返信
  3. 返信
  4.  
  5.  
  6.  
    いいね
     
    「いいね」しました
  7.  
  8. ツイートアクティビティを表示
  9.  
  10. このスレッドを表示
  11. 取り消す
    1. 1時間前

 

  1. 興奮したので後で消すけど荒らす。 「人狼議論ゲーム」ってどうたろ?すげぇおもしろいと思った。 自分はディベートではない議論自体が好きだ。そういう人は一定するいるし、価値基準が多様化している現代においては議論の重要性は増している。しかし、日本人は海外と比べると圧倒的に議論が苦手で