自分分析学

言葉にしてみたい衝動の行き先

ストラテラ処方録11 1錠にしたり飲まなかったり

 11月9日 戦った。一錠に減らした。

◯ よく考えた。朝は家の中での雑談に熱中してあまりよくできなかった。会社の会議に貢献できた。外で本を読む余裕はなく、今日中に所有権移転手続きをしなければと駆られていた。

△ 朝起きるのが少し遅れた。学校に行って所有権を移転しようと構えたがやりたくなさすぎた。光熱費計算を怠った。会社の会議の後、学校にてっぺんを回っても残ったが、残る必要はなかったのに、印刷物を準備する必要をなぜか感じていた。夜中の3時まで考えていたが、あの時は完全に衝動に駆られ、適切に工夫をしようとする姿勢がなかった。くすのきへの連絡も早めにしたいねぇ

この日は、うまくいかなかったかのように見えるが、特に薬の減りによる影響と思われるのは早起きと会議後の反応だ。大事なのは、工夫しようとする際の健全な精神に関して工夫を施すこと。そこへの意識は夕方まで続いてたので寧ろ良い日。 

 

11月10日 仕方なく逃げた ストラテラなし。

◯ 10時過ぎに起床。いつも通りに、今回は親とラインしたりして誕生日について考えた。毎朝のそれっぽい連投ツイートは日課になってきた。会社に議論の整理のための文章を送りつけた。気が付いたら、飲みの約束まで残り1時間。所有権移転の気分は乗らず、どうしたら無理なく作業に入れるかの自問自答が行われた。7時から飲ん2時まで相当な金を使ってしまった。

△無計画に生活をしても大丈夫なほどお金は持っていたいとおもった。今やりたいことはきちんと今やれるようにしておきたい。薬がなければ、やはり少しだけ、やりたいことしかやりたくない病は強まる感じ。でも少しだけですね。しっかりある意識を工夫する意識の習慣がつけば、うまくいくだろう。飲み始める前に、金のないときは自分の金銭計画をしっかり立てておかないと大変だとおもった。

11月11日 ストラテラなし。向き合えた。(遅めの反省

◯自分の生き方の方程式をつくれた。所有権移転の取り組み方についてブログ方式を編み出した。しかし、一度食事をしたらまぁ無理だったけど、精神的にはオケみ。自分の誠実さと向き合えた。

△遅めの起床。遅めに昨日の反省を書いた。

 

11月12日 ストラテラ1錠 所有権の移転はできず。ツイッターに全時間割く

◯ いつもの習慣は相当スムーズにできた。現実逃避からなのか、溢れるようにアイデアが湧いてきた。カウンセリングに時間通りに行けた。研究もできた。

△ 7時くらいの起床。起きる時間が遅めになり始めた。原因は、現実と向き合いたくないからかな。研究後は家に帰るとまた溢れるようにせざるを得ないことが湧いてきた。抑えてはいけない気もして抑えられなかった。

*今日は、ちゃんとやる。所有権も家賃も